キャッシングの返済が滞った場合の遅延損害金について

キャッシングは私たちのお金のピンチの際に、大変役に立ってくれる存在です。
申し込みはインターネットの接続環境さえあれば24時間365日行うことができますし、審査も大変スピーディなものが多く、ほとんどの場合が1時間以内に審査が終了します。
さらに、即日振込の依頼をすれば、その日のうちに指定の金融機関の口座に現金を振り込んでもらえますから、急ぎでお金が必要な場合でも安心して申込みをすることができます。
また、返済方法も豊富で、銀行口座からの自動引き落としや銀行振り込み、また、最近ではインターネット返済などの方法もあります。
とはいえ、最も利用されているのは、やはり提携先の銀行やコンビニのATMから返済をする方法です。
そして、キャッシングには必ず約定返済日というものが存在します。
この約定日には決まった金額を必ず支払わなければならないのですが、事情によりこれに間に合わないということも考えられます。
約定返済日に支払いができない場合には、もちろんキャッシング会社に連絡をする必要がありますが、原則として一日でも遅れてじまった場合には遅延損害金が発生します。
遅延損害金は、通常時の利息よりも金利が高くなる場合がほとんどですので、よっぽどのことがない限り約定日の返済には遅延しないようにしましょう。
キャッシングは計画的な利用がなによりも大切ですから、利用する前に必ず余裕を持った返済プランを立てるようにしましょう。
それさえしっかり心にとめて利用すれば、キャッシングは私たちのお金のピンチの際に強い味方になってくれるはずです。