キャッシングとローンの違いについて

カードローンとキャッシング、どちらも似たような仕組みになっています。大きく違う点といえば、銀行でお金を借りるか、消費者金融でお金を借りるかという違いがあります。しかし最近はこういった違いもあまり見られなくなりました。どちらでも使用されるようになってきました。どちらも原則担保や保証人を必要とせず、個人の信用を担保にお金を融資します。またどちらも借りたお金の使用目的は、自由です。例えば住宅ローンなどは、自分もしくは家族が住む家を購入するためにしか利用できません。自動車ローンは自動車を購入するためにしか使用できません。ですがカードローンとキャッシングは、生活費に使おうが遊行費に使おうが自由なのです。この二つの大きな違いは、返済方法にあります。キャッシングは、一般的に翌月一括返済です。一方のカードローンは、リボ払いです。例えば10万円借りたとしたら、毎月利息と1万円を10か月で返済することになります。ですがカードローンは、キャッシングと比べると金利が低めで、10パーセント台です。一方のキャッシングは、利息制限法ギリギリの18パーセント代であることが多いです。キャッシングとカードローンには、高い金利でまとめて返すか、ちょっと高めの金利で長期にわたって少しずつ返すかの違いがあります。しかし最近は、キャッシングと呼ばれているものでも、リボ払いのものもあります。ですからはっきりとした線引きがなくなってきています。